めがねのアイビー取り扱いブランド

めがねのアイビーロゴめがねのアイビーロゴ

補聴器

・経験豊富なスタッフが、お客様の聞こえのお悩み、ご相談にお答えしていきます。
・当店はワイデックス、ニコン、リオネットなどの信頼の商品を取り扱っています。
・補聴器購入後の機械のメンテナンス、聞こえの調整、フィッティングなどのアフターケアも万全です。
・当店のスタッフは皆、明るく、親切、丁寧を心掛けております。

補聴器のアイビー

満足のいく補聴器を選ぶためのプロセス

補聴器を購入する際に大切な事はご自分の聴力や耳の形に合ったものを選ぶこと。
そして、本当に納得のいく補聴器を手に入れるためにはきちんとした手順をふむ必要があります。
ちょっと時間はかかりますがその分、お客様にぴったりの満足のいく補聴器が出来上がるはずです。

補聴器選びの一例

1.カウンセリング
どんな時に不便を感じるのか、どういう音が聞こえにくいのかなど、ご自身の現在の聞こえの状態をできるだけ詳しく当店のスタッフにお伝え下さい。また、補聴器に関する疑問や不安なども遠慮なくご相談下さい。

2.聴力測定
現在の聴力を正確に調べるために、専用の測定機器で純音聴力検査を行います。

3.補聴器の機種選択
聴力測定の結果をふまえた上で、お客様の聴力や目的、ご予算に合った最適な補聴器を選びます。

4.フィッティング
当店のスタッフが、お客様一人ひとりの聴力の状態に合わせて、補聴器の音域や音質、出力など、きめ細かな調整を行います。

5.試聴
当店には様々な種類の試聴用補聴器がございます。
色々な環境で言葉がどう聞こえるかもお試し下さい。

6.ご購入
気に入った補聴器が見つかったら、いよいよ購入です。
補聴器は、お客様一人ひとりの聴力や耳の形に合わせてお作りするので、その場ですぐ持ち帰れるわけではありません。
通常、補聴器の製作にはおよそ1週間程度かかります。

7.アフターサービス
補聴器をご購入後も、色々な環境での聞こえを確かめながら調整を重ね、満足のいく補聴器に仕上げていきます。
少しでも気になることや不具合があったら、すぐに当店のスタッフにご相談下さい。

補聴器のQ&A

以下は当店にご来店いただいたお客様からのご質問の一部を紹介します。

Q.補聴器のはいくらぐらいですか?

補聴器の中にも7万円台から30万円を超えるものまで、様々な種類の補聴器が用意されています。
その補聴器の機能が、ご自分の生活にどのようなメリットをもたらしてくれるのかをきちんと確かめてから、機種の選択を行うことをお勧めしています。
高額な補聴器には当然、それ相応の機能が搭載されていますが、実際に自分の耳で色々と聞き比べ、相談しながら、お客様のご希望とご予算をきちんと伝えてください。
お客様の聞こえに必要な機能がきちんと搭載されているものを、ご予算の中から丁寧にお選びいただくことが、毎日、快適に使える補聴器選びの近道です。

Q.補聴器の寿命はどれくらいですか?

平均して4、5年くらいです。
ただ、点検やきちんとしたお手入れをしながら10年以上使っている方もいらっしゃいます。
補聴器は毎日身に付ける精密機器なので、汗やホコリを嫌います。
より良い状態で長くお使いいただくためにも、定期的な点検やクリーニングを大切にしてください。

Q.補聴器の電池の寿命はどのくらいですか?

補聴器をお使いになる際には、空気電池が必要になります。
補聴器のタイプや使い方によって異なりますが、耳あな型で1週間~10日程度、耳かけ型で10日~2週間程度です。
※電池交換不要の充電式補聴器もございます。

Q.補聴器1日中つけなくてはいけないのですか?

補聴器の装用時間は、人それぞれ個人差があります。
会議の時にだけ使用する方もいらっしゃれば、朝、起きてから寝るまでずっとつけている方もいらっしゃいます。ですから、1日中つけなくてはならないという事はありません。
ただ、ふとした時にも聞き漏らしがないよう、無理のない範囲でできるだけ長く補聴器を利用されるといいでしょう。但し、補聴器は高性能な精密機器ですから、浴槽やプールへの入浴、激しい雨の中の外出時などは補聴器を外してください。

Q.補聴器を使うと聴力が低下しないのですか?

補聴器は、聞こえをサポートするために作られた製品です。
聴力に合わせた調整と正しい使い方をしていれば、聴力が低下するようなことはありません。
ただ、補聴器の設定が耳に合わず、音が常にうるさい状態で長時間補聴器をつけていると、聴力を低下させる場合があります。
当店ではしっかりとした聴力測定と補聴器の調整ができますので、ご安心下さい。

Q.年齢とともに聴力は低下していくのですか?

聴力も視力と同じように、年齢を重ねるとともに低下していきます。
これは多くの人にあてはまる生理的なもので、老人性難聴と呼ばれています。
加齢とともに聴力が低下すること自体は、自然な現象です。
ただ、日常生活に不便を感じる場合には、ぜひとも補聴器をお使いになることをお勧めします。